インターンシップ

病院見学のお申し込み

プリセプターシップ

プリセプターシップとは

プリセプターシップ(preceptorship)とは、一人のプリセプティー(新人看護師)に対し、一人のプリセプター(指導者)が、ある一定期間、マンツーマンで意図的・段階的・系統的な指導を行い、新人の能力育成を図る教育方法です。
新卒看護師や中途入職者に対して、指導や相談を担当する看護師が一人つきます。 担当する看護師は、原則として3年以上の経験をもつ看護師です。

先輩プリセプティ

看護師 田村さん
新人指導を通して忘れかけていた初心を思い出す

山田病院はプリセプター制度を採用しています。プリセプター制度とは、プリセプター(先輩看護師)がプリセプティ(新人看護師)をマンツーマンで1年間かけて教育・指導する事をいいます。新人指導を通して忘れかけていた初心を思い出すことができ、私自身が勉強をするきっかけにもなり、共に成長させてもらっています。今では病棟業務にも慣れ、元気に笑顔で患者様と関わっているプリセプティの姿を見ると嬉しく思います。今後もプリセプティに1番近い存在としてサポートしていきたいと思います。

後輩プリセプター

新人看護師 榎本さん
先輩達の指導も丁寧で親切なので、無理することなく勉強できます

私は看護師としての経験が浅く、病棟業務も初めてだったため、転職しても上手くやっていけるか不安でした。しかし病院見学した際、生き生きと笑顔で働いている皆さんの姿を目の当たりにし、「この病院で働いてみたい」と強く思いました。山田病院は、わからないことや不安なことを相談しやすい雰囲気があるので、その都度問題を解決していくことができます。先輩達の指導も丁寧で親切なので、無理することなく勉強できます。看護師として自信が無かった私ですが、山田病院で精神科看護師としてのスキルアップを目指したいと思っています。

年間スケジュール

プリセプター×プリセプティー 対談

実際にプリセプターとプリセプティとして過ごされたお2人にインタビューしました!

Requirement募集要項

募集要項はこちらから
ご確認ください。

確認する  
Internshipインターンシップ

病院見学会

詳細についてはこちらから
ご確認ください。

確認する  
Entryエントリー

エントリーはこちらから。

確認する